AGAの進行パターンを知っておく。

AGAの進行パターンは複数の種類に分けられる

 

 

 

ふむ、AGAの進行パターンはいろいろ種類があるようじゃが、はてさて…


 

 

薄毛を引き起こすAGAと言っても、進行パターンは複数の種類に分けられます。

 

個人によって髪の毛が抜け落ちる場所や進行スピードは異なり、「○○日間が経過すると○○の状態になる」とは特に決まっていないんですね。

 

 

・直近2ヶ月〜3ヵ月程度で急に髪の毛が薄くなってきた

 

・ここ数年間で頭皮のボリュームがなくなってきた

 

・10年前と見た目は変わっていないけど髪の毛は細くなった

 

 

上記のようにAGAの症状には個人差がありますが、一度発症するとゆっくりでも確実に髪の毛が減っていく点では一緒です。

 

そこで、以下ではAGAを発症している男性に多い進行パターンをいくつか挙げてみました。

 

 

頭頂部から進行するO字型脱毛

 

 

 

頭頂部から進行するO字型脱毛は、日本人が引き起こしやすいという特徴があります。

 

頭のてっぺんくらいから少しずつ薄くなって最終的にはツルツルの状態になり、サザエさんの父親である波平さんのヘアスタイルを思い浮かべれば何となくイメージできるのではないでしょうか。

 

 

・おでこや前髪周辺には変化がないが、頭頂部の髪の毛が弱々しい状態になる

 

・頭皮のボリュームがなくなって次第に地肌が見えてくる

 

・頭頂部にポッカリと毛がなくなってアルファベットのOの字に見えることからO字型脱毛と名付けられた

 

 

このような特徴があり、鏡で正面から見ていても気付きにくいので「知らず知らずの間に進行していた」というケースは少なくありません。

 

 

 

うおう、たしかに正面から見ただけでは気づきにくいかものう。どれどれ、ワシはどうかな…


 

 

生え際から進行するM字型脱毛

 

 

 

生え際から髪の毛が後ろの方へと後退し、アルファベットのMの字へと進行していくパターンのAGAをM字型脱毛と呼んでいます。

 

生え際の後退によっておでこがだんだんと広くなり、「ドラゴンボールZのベジータ」のような髪型へと変化していくのです。

 

 

・剃り込みが深くなると正面の部分の毛髪だけ残ってアルファベットのMの形になる

 

・この部分は血行不良を引き起こしやすいので頭頂部と比べて改善が難しい

 

・男性ホルモンによるAGAだけではなく、血行不良や栄養不足など生活習慣が引き金となるケースも多い

 

 

M字型ハゲには上記のような特徴があり、毎日鏡を見ているうちに異変に気付く男性も多いでしょう。

 

 

 

これは比較的気付きやすいパターンじゃな。逆に言うと、早めに対策が可能とも言えるのう。


 

 

前頭部から進行する脱毛

 

 

 

前頭部から進行するAGAは、日本人よりも欧米人に多いのが特徴です。

 

M字型脱毛と一緒に考えられることが多く、同じように生え際が後退したり髪の分け目が見えてきたりと、個人によって進行具合は異なります。

 

 

・髪の毛が成長する前に抜け落ちて短くてまとまりにくい

 

・毛髪がフワフワとして1本1本が細く弱くなっている

 

・頭皮が健康的な青白い色ではない(赤いと血流が悪く黄色いと皮脂が詰まっている)

 

 

これらに当てはまる男性ほど、前頭部の薄毛が進行しているサインとなります。

 

AGAを発症しているのであればゆっくりとしたスピードでも確実に進行するので、正しい対策をとる必要がでてきます。

 

 

 

己の境遇を嘆くなかれ!正しいAGA対策で、前向きに対処しようではないか!


 

 

AGAを放置していると最終的には頭頂部と前頭部が繋がる

 

 

 

AGAの進行状況を示唆する目安として、ハミルトンノーウッド分類が使われます。

 

 

1型:どの部位にも脱毛のような異常は特に見当たらない

 

2型:おでこを中心に薄毛の症状が見られる

 

3vertex型:頭頂部を中心に髪の毛が薄くなっていく

 

3型:おでこの剃り込みが更に激しくなっていく

 

3vertex型:頭頂部のボリューム低下が顕著にあらわれる

 

4型:前頭部と頭頂部の両方から少しずつハゲていく

 

5型:前頭部と頭頂部が広くハゲて境目が薄くなる

 

6型:更に薄毛の症状が進行して両部の境目がなくなる

 

7型:全て禿げ上がって側頭部と後頭部にしか髪の毛がない

 

 

上記のように、進行パターンには違いがあっても、最終的には頭頂部と前頭部が繋がって薄毛の範囲が広くなる点では一緒です。

 

重度のAGAを発症している状態から自力でフサフサにするのは難しく、早めに対策をとる必要があることはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

手遅れという状態は特に決まっていませんが、治療や対策が早ければ早いほど髪の毛を復活させられる確率が高いです。

 

ですから、早めに気づいた方も、そうでない方も、今すぐ治療を始めることが髪の毛復活の鍵となることでしょう。

 

 

 

素早い決断と行動が、お主の髪の毛を救うのじゃ。評判のいいクリニックをいくつかこちらに記載しておるので、目を通してみたまえ。