AGAと細い抜け毛の関係を斬る!

細い抜け毛はAGAを発症しているサインなの?

 

 

 

 

細い抜け毛か…何となくヤバそうな気もするがのう。


 

抜け毛の本数が増え始め、「AGAを発症しているのではないか?」「薄毛が進行しているのではないか?」と、あなたは不安を抱えていませんか?

 

確かに、部屋の中に落ちている抜け毛の量が以前よりも増えていたり、お風呂の排水溝が詰まるサイクルが短くなったりすると誰でも不安になりますよね。

 

しかし、私たちの髪の毛は4年間〜6年間程度のサイクルで生まれ変わっていて、健康な人でも1日に50本〜100本程度は抜け落ちるので過度に心配する必要はないのです。

 

実は男性ホルモンが引き金のAGAの場合、1日に抜け落ちる本数よりも細い抜け毛の方が発症のサインだと考えられています。

 

 

根元部分が細くなっている
先端部分が尖っている
・明らかに長さが短い

 

 

このような髪の毛をミニチュア毛と呼び、あまりにも量が多いのは危険です。

 

細い抜け毛のミニチュア毛と薄毛にどのような関係性があるのか、見てみましょう。

 

 

ヘアサイクルが乱れている証拠

 

 

 

細い抜け毛が多いのはヘアサイクルが乱れている証拠なので、AGAを発症しているサインや示唆となります。

 

 

1、正常な状態であれば4年間〜6年間のサイクルで「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」と繰り返す

 

2、ヘアサイクルの中でも成長期の期間が最も長い特徴がある

 

3、AGAを発症している男性はDHT(ジヒドロテストステロン)の影響で成長期の髪の毛が休止期に変わる

 

4、本来は4年間以上続く成長期が1年間未満になるケースも多い

 

5、ヘアサイクルの乱れによって十分に成長する前に頭皮から抜け落ちる

 

6、満足に成長できていないので当然のように細くて短い抜け毛が増える

 

 

上記のようなメカニズムとなっており、抜け毛の状態でAGAを発症しているのかどうかある程度判断できることがお分かりでしょう。

 

特に、毛根部分が細いと毛根を作っている栄養やエネルギーがなくなっている証拠で、同じ毛穴の毛母細胞から太くて長い髪の毛は生えにくくなります。

 

「短くて細いまま抜け落ちる」⇒「また生えてきても脱毛する」という悪循環に陥りやすく、最終的に育たなくなるのでAGAを発症している男性はヘアサイクルの正常化を図らなければなりません。

 

 

 

むむむ…ヘアサイクルを正常化するために、部屋でサイクリングでもしようかのう。


 

 

ホルモンバランスの乱れや頭皮環境の悪化も関係している

 

 

 

細い抜け毛が増えるのはAGAだけではなく、ホルモンバランスの乱れや頭皮環境の悪化も深く関係しています。

 

 

・女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れるとヘアサイクルに異常が出る

 

・炎症や乾燥など頭皮環境が悪化していると毛母細胞に十分に栄養がいかずに短く細くなっていく

 

血行不良が続いていると髪の毛へと行き渡る栄養が後回しにされて十分に成長できない

 

 

基本的に抜け毛の本数が急激に増えることはありませんが、細く短い抜け毛が増えていると薄毛の進行の可能性があると心得ておきましょう。

 

 

 

じゃあ太く長い毛だったら大丈夫なのか?どうなんじゃ?


 

 

AGAの治療でヘアサイクルを正常化すれば細い抜け毛は改善していく

 

 

 

細い抜け毛が増えていたとしても悲観する必要はありません。

 

AGAの治療や対策を続けていればヘアサイクルは正常化し、成長期が長くなれば髪の毛は太く長く育っていきます。

 

中でもAGAの治療薬として代表的なプロペシアは効果が高く、世界中の男性から高い支持を得ているのです。

 

 

1、1日に1錠のプロペシアをなるべく決まった時間に服用する

 

2、還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害してくれる

 

3、男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)へと変わりにくくなる

 

4、毛母細胞への悪影響が少なくなって正常なヘアサイクルになる

 

 

このような流れで細い抜け毛は少なくなり、AGAのメカニズムに焦点を当てた画期的な治療となっています。

 

クリニックで処方してもらえますので、AGAを発症している男性はプロペシアを服用してみてください。

 

 

 

こちらのクリニックでプロペシアを処方してもらうと、いいことあるぞ!