発毛・増毛・植毛の違いを比較しよう。

AGAの治療は発毛・増毛・植毛の3種類に分けられる

 

 

 

発毛・増毛・植毛の違い?要するに、前略・中略・省略の違いのようなもんじゃろ?


 

 

AGAの治療は、大きく発毛・増毛・植毛の3種類に分けられます。

 

しかし、この3つは似たような言葉なので、混同している方は多いのではないでしょうか。

 

 

髪の毛を増やして薄毛を克服する点ではどれも一緒ですが、治療法やメカニズム、アフターケアの有無に関しては違いがあるんです。

 

どの対策にもメリットとデメリットの両方があり、自分が目指す状態や目的に合わせてマッチした方法を選ぶ必要があります。

 

自分がどうなりたいのか考えた上で、AGA治療を開始して下さい。

 

 

以下では、発毛・増毛・植毛の違いや特徴についてまとめてみました。

 

 

発毛の目的と特徴

 

 

 

発毛は、髪の毛が抜けた毛穴からもう一度新しい毛髪が生えるような処置や治療を行うことを指します。

 

 

プロペシアを服用して抜け毛の根本的な原因となるDHTを阻害する

 

・血管を拡張させるミノキシジルを含む育毛剤を使って栄養素を行き渡らせる

 

・毛髪再生療法の育毛メソセラピーHARG療法をクリニックで受ける

 

 

上記の治療が一般的な発毛の方法で、自分の力で毛髪を生み出したり再生させたりするのが目的です。

 

育毛シャンプーや育毛サプリメントを使ってAGA対策を始めている男性はいると思いますが、正直なところ髪の毛を生やす発毛効果は乏しいでしょう。

 

あくまでも髪の毛を作る土壌の頭皮環境を促すだけなので、確かな効果を得たいのであれば医薬品を使った治療が必要となります。

 

 

ただし、発毛には以下のデメリットがあるので注意が必要です。

 

 

・薬による治療を続けても100%生えるとは保証できない

 

・自然な形で髪の毛を増やす攻めの姿勢なので時間がかかる

 

・治療が長引けば長引くほど金銭的な負担が大きくなる

 

 

また、個人のAGAの症状によっては治療が難しいケースもあり、毛根が生きているのか死んでいるのか判断するために一度専門クリニックを訪れてみるといいでしょう。

 

 

 

ここで一句。「発毛で 願掛けしよう 初詣」…(ポッ)


 

 

増毛の目的と特徴

 

 

 

増毛は自分の髪の毛ではなく、人工毛を使って増えたように見せる処置のことを指します。

 

アートネイチャーやアデランスなどの発毛サロンや育毛サロンといった場所で行われており、当日に髪の毛を増やしてAGAによる薄毛をカモフラージュできるのがメリットです。

 

増毛と言ってもいくつもの種類があり、どんな方法が一般的なのかまとめてみました。

 

 

・自分の髪の毛の根元に人工毛を結び付ける結毛式タイプ(肌荒れやアレルギーの心配はない)

 

・頭部全体に特殊な糸で土台を作り、人工毛を編み込むタイプ(髪の毛への負荷がなく通気性も良い)

 

・薄いシートにあらかじめ人工毛を植え付け、接着剤で頭皮へと貼り付ける接着タイプ(進行した薄毛も効果的に隠せる)

 

 

薬局やネット通販では、自宅で頭皮をボリュームアップしたように見せられる増毛スプレーも購入できます。

 

「髪の毛を増やすまでに時間がかからないのが良い」と考えている男性は多いかもしれません。

 

しかし、自分の毛髪ではないので当然のように根本的なAGAの改善にはならず、カツラと同じように人工毛を維持するために定期的なメンテナンスが必要だと心得ておいてください。

 

 

 

そういや、北海道に増毛(ましけ)町というところがあるのを知っておるか?何と縁起のいい名前なんじゃろ…


 

 

植毛の目的と特徴

 

 

 

植毛は専門的な医療機関で実施されており、薄くなった部分へと髪の毛を移植して薄毛を改善していくのが目的です。

 

 

・自分の髪の毛を移植する自毛植毛(頭皮上で毛髪が多い部分から少ない部分へと移動させるようなイメージ)

 

・ポリエステルで作られた人工毛を移植する人工毛植毛(別の場所から髪の毛を持ってくるので量が増える)

 

 

植毛と言っても上記の2種類に大きく分けられ、どちらも外科的手術が必要という点では変わりありません。

 

人工毛植毛は、一定の期間が経過すると抜け落ちるので半年間から1年間程度に1回のペースでメンテナンスを行う必要があります。

 

そして、頭皮の炎症や化膿といったリスクがあることから、現在ではあまり実施されなくなりました。

 

 

その点、自毛植毛は安全性が確立されていて効果が高いAGA治療となっています。

 

ただし、「高額な費用がかかる」「薄毛の広さによってはカバーしきれない」といったデメリットがあるんですね。

 

 

 

最近は、自分の毛を植毛することができるんじゃな。それなら違和感なく増やせそうじゃわい。


 

 

AGA治療に効果的なのは3つの中でどれなの?

 

 

 

この3種類の中で、効果的なAGA治療がどれなのか迷っている方もおられることでしょう。

 

しかし、自分の頭髪状況によって向き不向きがありますし、目的によってそれぞれ違ってきます。

 

 

人工毛に頼らず自分の髪の毛を増やしたい⇒発毛がおすすめ

 

とにかく短期間で薄毛を隠したい⇒増毛がおすすめ

 

費用が高額でも確実に治療したい⇒植毛がおすすめ

 

 

上記のように目的や予算など自分の考え方によって変わるので、それぞれの治療を比較検討してみてくださいね。

 

 

 

う〜む、そう言われても迷ってしまうのう…とりあえず、こちらのページに書いてあることも参考にして、選んでみるかのう。