AGA対策をノコギリヤシで行ってもいい?

ノコギリヤシでのAGA対策は、やってみて損はない。

 

 

 

 

ノコギリヤシか!ワシもちょいちょい耳にする言葉じゃが、実際のところどうなんじゃ?


 

 

ノコギリヤシとは、北米からメキシコを中心とする地方に自生するヤシ科の植物です。

 

古くから原住民の間ではスタミナ食として用いられており、現在では果実に含まれる有効成分が前立腺肥大症による排尿障害に効果があるのではないかと考えられています。

 

果実からはステロールやオクタサノールといった有効成分が抽出され、実際に医薬品やサプリメントとして使われているのです。

 

 

 

前立腺肥大症にはいいかもしれんが、AGAに効果があるんかいな?そこが肝心じゃろ?


 

 

ノコギリヤシがAGA対策に効果的な理由は?

 

 

 

ネイティブアメリカンたちの薬草として重宝されていたハーブのノコギリヤシは、AGA対策に効果的なのではないかと注目を集めています。

 

育毛効果を持つことから、ドラッグストアで販売されているサプリメントにも含まれています。なぜAGA対策に繋がるのか理由を見ていきましょう。

 

 

 

(上の写真のネ〜チャン、ワシ好みじゃな…デートしてくれんかのう。)


 

 

AGAの根本的な原因となる5αリダクターゼを抑える

 

 

 

ノコギリヤシにはAGAの根本的な原因となる還元酵素の5αリダクターゼを抑える働きがあります。

 

 

1、AGAを発症すると男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合する

 

2、悪玉のDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されてヘアサイクルが乱れて抜け毛が増える

 

3、ノコギリヤシによって5αリダクターゼの働きが阻害される

 

4、テストステロンがDHTに変わるのを予防できる

 

 

このようなメカニズムでAGAの予防に繋がり、DHTの産生量が少なくなればヘアサイクルが整えられて髪の毛の成長期が長くなって抜け毛が発生しにくくなるのです。

 

5αリダクターゼに作用してDHTの生産を阻害する意味では、有効成分のフィナステリドが含まれた内服薬のプロペシアと似たような働きをしてくれると考えて良いでしょう。

 

 

 

プロペシアと同じような働きとな!こいつは優れものじゃわい。


 

 

頭皮の毛根の炎症を抑えられる

 

 

 

アメリカのニューヨーク州立大学による調査によると、ノコギリヤシによって頭皮の毛根の炎症を抑えられることが分かりました。

 

 

炎症性物質を抑制する働きを持つ

 

高い抗炎症作用で赤みや痒みを抑える

 

頭皮環境を正常化させて髪の毛が成長しやすい状態を作る

 

 

上記の効果を持ち、頭皮の炎症抑制と5αリダクターゼの阻害の二面アプローチが期待できるんです。

 

だからこそ、AGAの予防や対策として積極的に取り入れられているんですね。

 

 

 

何じゃこりゃ、AGAにいいことばかりじゃないか!信じていいのか?デート商法じゃないのか?


 

 

ノコギリヤシの正しい摂取方法は?

 

 

 

ノコギリヤシの正しい摂取方法は、サプリメントと育毛剤の2種類です。

 

 

サプリメント⇒有効成分を身体の内側から摂取して働きかけてくれる

 

育毛剤⇒頭皮へと直接塗布して有効成分を皮膚から浸透させる

 

 

AGA対策は身体の外側と内側の両方から行わなければならず、サプリメントも育毛剤も忘れてはなりません。

 

サプリメントとしては「BOSTON(ボストン)」や「DHCノコギリヤシエキス」、育毛剤としては「フェルサ」や「ヘアオメガ」といった製品が有名です。

 

AGAの治療や完治に繋がるわけではありませんが、ヘアサイクルを整えて抜け毛の本数を減らす対策を毎日の生活の中で行うといいでしょう。

 

 

 

しれっと「AGAの治療や完治に繋がるわけではありませんが」って書いてあるのう…ノコギリヤシだけで対策は万全ってわけじゃないのか。


 

 

AGAの治療をしっかり行いたいなら…

 

ノコギリヤシは亜鉛との併用で効果をアップできる

 

 

 

ノコギリヤシを含むサプリメントの中には同時にミネラルの亜鉛が入っていることが多く、併用で効果をアップさせられます。

 

亜鉛は髪の毛にとって必須の栄養素と言われています。ではどんな働きをしてくれるのか見ていきましょう。

 

 

・食べ物から取り入れたタンパク質を髪の毛へと構成する

 

・毛髪の成長のために繰り返される細胞分裂を促す

 

・ノコギリヤシと同じように5αリダクターゼを阻害する

 

 

上記のような理由で相乗効果が期待でき、成人男性であれば1日に12r〜15rを摂取しなければなりません。

 

しかし、インスタント食品やファーストフード食品に偏っている現代人の多くは著しく不足しており、十分な量を補給できないのでサプリメントがおすすめです。

 

 

 

亜鉛って、精力もアップするんじゃなかったかいのう?ネ〜チャンのために、ワシも飲むか。


 

 

ノコギリヤシの摂取量には注意しよう

 

 

 

ノコギリヤシはAGA対策に繋がるだけではなく、オクタコサノールが疲労を回復したり、遊離脂肪酸が脂肪を減らして血液をサラサラにしたりといった効果もあります。

 

だからといって過剰摂取するのは危険で、サプリメントで補給する場合は摂取量に注意しなければなりません。

 

 

・下痢や便秘などの腸内環境の乱れ

 

吐き気やめまい

 

胃もたれや胸やけ

 

・ズキズキとした頭痛

 

 

個人の体質によってはこのような副作用のリスクがあり、知らず知らずの間に胃へと負担が加わっているケースはあります。

 

ヨーロッパ各国では1日に200mg〜320mgが適量だと言われています。

 

体調不良を引き起こさないためにも、「飲めば飲むほどAGA対策に繋がる」とは考えないでくださいね。

 

 

 

そう、何事も飲み過ぎはダメじゃ。うむ、ビールがうまい!


 

AGAクリニックでの治療、評判のいいところは…