AGA治療の飲み薬、プロペシアとは?

飲み薬を使用したAGA治療を受けよう!

 

 

 

 

飲み薬での治療か。そういや、どんな飲み薬があるか、よく知らんのう。ここは一つ、教えてもらうとするか。


 

 

AGAの治療の中でも代表的なのが飲み薬の使用で、効果のある内服薬を服用して身体の内側から作用させて抜け毛や薄毛に対処していきます。

 

原則的にAGAの飲み薬は薬局やドラッグストアでは販売されておらず、皮膚科や専門クリニックなど病院を受診しなければなりません。

 

医師の診察を受けて処方してもらい、約1ヵ月に1回のペースで通院して治療を受けるのが基本です。

 

 

以下では、AGAの治療で使われている飲み薬の種類をいくつか挙げてみました。

 

 

・1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されたプロペシア

 

・プロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシアフィナロ

 

・血行促進作用で直接的な発毛効果を得られるミノキシジルタブレット

 

・グラクソスミスクライン株式会社が承認を得たザガーロ

 

 

どれも身体の内側から働きかけてくれるので、決められた用法に従って飲み続けるだけで良いのがメリットです。

 

 

 

いろんな薬があるんじゃのう。ワシにピッタリなのは、どれじゃ?


 

 

AGAの飲み薬でも代表的なプロペシア!どんな効果がある?

 

 

 

上記でご紹介した飲み薬の中でも代表的な医薬品がプロペシアです。

 

発売元のMSD(旧万有製薬)はテレビのコマーシャルも打ち出しており、AGAの治療薬として人々の間に認知され始めました。

 

 

プロペシアの服用によってどのような効果が得られるのか見ていきましょう。

 

 

1、1日に1錠の服用することで有効成分のフィナステリドが還元酵素の5αリダクターゼを抑制できる

 

2、男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わるのを阻害する

 

3、DHTが毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプターと結合するのを防ぐ

 

 

簡単に説明すると、AGAの直接的な原因はDHT(ジヒドロテストステロン)となっています。

 

DHTがアンドロゲンレセプターと結合すると成長期の髪の毛に対して進行をストップさせるような指令を出し、ヘアサイクルが乱れて太く長く成長する前に抜け落ちるので薄毛が進行していくのです。

 

 

プロペシアを服用すれば還元酵素の働きを抑え、間接的にDHTを減らしてヘアサイクルを整えられるので、AGAの治療に効果的なんですね。

 

「AGAの治療=プロペシアの服用」と考えて良いほど代表的な方法となり、当サイトで推奨している専門クリニックのヘアメディカルでも処方されています。

 

 

・MSD社製のプロペシア錠

 

・ファイザー社製のフィナステリド錠

 

・プロペシアと似た効果を得られるザガーロカプセル

 

 

これらの飲み薬の中から個人の症状に合わせて処方してくれるので、抜け毛や薄毛を改善するためにヘアメディカルに相談してみてくださいね。

 

 

 

無料カウンセリングがあるみたいじゃのう。みんなには内緒で相談に行くかのう。


 

 

無料カウンセリング⇒600パターン以上のオリジナル処方 薄毛治療のヘアメディカル

 

 

AGAの診療ガイドラインで高評価を得ているプロペシア!

 

 

 

AGAの治療において育毛効果を過剰に謳う商品が現在では増えており、何を信じれば良いのか分からないと嘆いている方は少なくありません。

 

そんな方のために日本皮膚科学会が安全で効果の高い治療方法を推奨するAGA診療ガイドラインを発表しました。

 

このガイド欄は、科学的根拠に基づいて選定しているので信頼できます。

 

 

そしてこのAGA診療ガイドラインで高評価を得ているのが、飲み薬のプロペシアです。

 

 

・最も効果があるとされる推奨度A

 

・一般的に効果があるとされる推奨度B

 

・効果に十分な根拠がない推奨度C1

 

・根拠がなくあまりおすすめできない推奨度C2

 

・行うべきAGA治療ではない推奨度D

 

 

上記のようにランクが細かく設定されており、プロペシアは推奨度Aのレベルに分類されています。

 

質の高い研究結果を集約していて、日本だけではなく全世界の男性が服用している飲み薬だからこそ、行うべきAGA治療に認定されているのです。

 

 

 

プロペシアって凄いんじゃな!プロペシア、ばんじゃ〜い!


 

 

プロペシアでAGAが改善されるまでの期間は?

 

 

 

AGA診療ガイドラインで高評価を得ている飲み薬のプロペシアですが、症状が改善されるまでの期間がどのくらいなのか疑問を抱えている方もおられることでしょう。

 

服用を始めた年齢や今の薄毛の状態によって異なりますし、体質には個人差があるので一概には説明できません。

 

 

しかし、服用期間が長ければ長いほど効果を実感できるのが一般です。

 

では、どのような流れで薄毛の状態が変化していくのか見ていきましょう。

 

 

薄毛の状態の変化の流れ

1、服用を始めて3ヵ月前後までに抜け毛が減少するが、見た目上での変化はあまり大きくない

 

2、半年間程度が経過すると産毛が濃くなって毛量の変化を少しずつ実感できるようになる

 

3、1年間程度が経過すると抜け毛の量が明らかに減って頭皮全体もボリュームアップできる

 

4、1年以降は飲む期間が長いほど、これまで改善されなかった部位の薄毛も改善する

 

 

プロペシアは薄毛の進行を食い止める効果が高いものの、ある程度の期間は継続して服用しなければなりません。

 

数日間から数週間で変化があらわれることはなく、最低でも6ヵ月間はAGAの治療を続けなければならないと考えられている理由です。

 

それでも、プロペシアの臨床試験の結果は以下のように驚異的な数値を残していました。

 

 

改善(髪の毛が増えた)⇒1年間:58%、2年間:68%、3年間:78%

 

不変(現状維持できた)⇒1年間:40%、2年間:30%、3年間:20%

 

進行(髪の毛が減った)⇒1年間:2%、2年間:2%、3年間:2%

 

 

世界60ヶ国で承認されているAGA治療薬ですから、効果が高いのもうなずけます。

 

何から始めて良いのか分からない方は、AGAクリニックで処方してもらってプロペシアを服用してみてくださいね。

 

 

 

う〜む、今からワクワクして朝も起きれんわい!


 

 

AGAクリニックでの治療は、この3つから選ぼう!