AGA治療は未成年でもできる?

AGAの治療を始める年齢は決まっている?

 

 

 

 

AGAを治療するのに、年齢は関係なさそうじゃが…


 

AGAの治療を始める年齢は明確に決められていません。

 

それは、個人によって発症時期が異なるのが大きな理由です。

 

 

・抜け毛や薄毛で悩まされるのは50代を超えてからだろう…

 

・自分はまだ20代だから安心できる…

 

 

このように考えている男性は多いかもしれませんが、男性ホルモンの分泌が活発になる思春期以降の年齢であれば誰でもAGAを発症する可能性があるんです。。

 

AGAの患者数は日本全国で1,200万人以上に至るとデータが出ており、その大半は40代以降の男性というデータはたしかにあります。

 

しかし、DHT(ジヒドロテストステロン)を産生する5αリダクターゼの量が多かったり、DHTの感受性が強かったりという男性は、若くして髪の毛が細くなってボリューム低下を引き起こす危険性が高くなるんですね。

 

 

 

まあ、若いからといって油断できんのはわかるぞ。


 

 

年齢別のAGAの発症率をチェック!

 

 

 

以下では、年齢別のAGAの発症率を挙げているので一度チェックしておきましょう。

 

 

・20代:6%
・30代:12%
・40代:32%
・50代:44%
・60代:51%
・70代:61%
全体平均:32%

 

 

成人男性の約3人に1人がAGAで悩まされています。

 

「まだ20代だからハゲることはない」という考えは、残念ながらちょっと違うんですね。

 

 

このように聞くと不安を抱えるかもしれませんが、近年ではプロペシアやミノキシジルなど薄毛の治療に効果的な医薬品が数多く登場しました。

 

抜け毛や薄毛の症状が気になり始めた段階で治療を始めるのがベストで、AGA専門クリニックへと受診すれば個人の症状や目的に合わせた処置が受けられます。

 

 

 

AGA専門クリニックのことがよくわからんのなら、こちらの記事を読むのじゃ。


 

 

10代の未成年でもAGA治療を受けられる?

 

 

 

髪の毛が薄くなる問題は年齢に関わらず若者でも引き起こされやすく、10代の未成年でも決して例外ではありません。

 

60代を過ぎて髪の毛が薄くなるのは自然な現象だとしても、10代という若い時期に発症すると精神的なショックが大きいかもしれませんね。

 

病院によって判断が異なるので一概には説明できないものの、基本的に未成年でもAGAの治療は可能です。

 

 

・自分は若ハゲだから異性に積極的にアプローチできない…

 

・周りの友人と比べてなぜ自分だけ髪の毛が薄いのか・・・

 

このような悩みを解消するために、早めにAGA治療を始めて薄毛を克服してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

未成年でも治療は可能なのか。酒やタバコはダメなのにのう。


 

 

成人の治療と全く同じではないが…

 

 

 

ただ、成人男性と同じようなAGA治療は受けることはできず、未成年への処置は限られます。

 

プロペシアやミノキシジルは20歳未満の服用が禁じられているんですね。それは、未成年での有効性や安全性が確立されていという理由です。

 

 

未成年と知って医薬品を処方した場合はその医師が罰せられる形となるため、どのクリニックでも医薬品の服用による治療は受けられません。

 

そこで、10代の未成年に対しては以下のような治療が行われます。

 

 

・育毛メソセラピーやHARG治療法など注射で発毛に必要な薬剤を頭皮に届ける

 

・拒絶反応がなく自然な仕上がりを得られる自毛植毛

 

・食生活の見直しや頭皮マッサージなど日々のヘアケア

 

若くして発症する可能性はあっても、薄毛の症状が著しく進行してしまうことはないので、焦らずにゆっくりと対処してみてくださいね。

 

 

 

まだ若いのに何で自分だけ…と悩む気持ちはわかるぞ。神様は不公平じゃのう。でも乗り越えられない試練は与えられないのじゃ。専門家の力を借りてでも、乗り越えたまえ!


 

 

AGA治療で評判のクリニック、ベスト3はここだ!