AGAはDHTが原因?

男性ホルモンの一種のDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で発症するAGA

 

 

 

AGAは男性ホルモンが深く関わっていますが、直接的な原因というわけではありません。

 

抜け毛を増やして髪の毛を薄くしているのはあくまでもDHT(ジヒドロテストステロン)で、男性ホルモンのテストステロンではないのです。

 

 

 

テストステロンとジヒドロテストステロン、どう違うんじゃ?同じよううなもんじゃろ?


 

 

DHT(ジヒドロテストステロン)とは悪玉の男性ホルモンの一種で、強力な脱毛作用を持っています。

 

 

1、思春期を過ぎた辺りから男性ホルモンのテストステロンの分泌量が増える

 

2、テストステロンが酵素の働きによってDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化する

 

3、DHTが毛乳頭細胞に存在しているアンドロゲンレセプターと結合する

 

4、アンドロゲンレセプターと結合した後、脱毛に関するタンパクが生成されて毛髪の寿命が縮まる

 

5、ヘアサイクルが乱れて少しずつ薄毛の症状が進行していく

 

 

AGAの発症は上記のようなメカニズムとなっており、DHT(ジヒドロテストステロン)が抜け毛や薄毛を引き起こす原因なのです。

 

 

 

う〜む…でもテストステロンも全く原因となってないわけではないような…


 

 

・髪の毛が生えて成長する成長期

 

・毛髪の成長が止まる退行期

 

・頭皮から抜け落ちる休止期

 

 

私たちの髪の毛は一定のヘアサイクルを繰り返していますが、成長期が短くなれば細く短い毛髪しか生えてこなくなるので全体的に薄毛の症状が酷くなります。

 

男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わるのは酵素の5αリダクターゼが原因で、頭頂部や前頭部に存在しているからこそ頭のてっぺんや前髪付近が薄くなりやすいんですね。

 

 

 

まあ、あれか。テストステロンがジヒドロテストステロンに変化しなければいいのか。じゃあそれは、どうやって防げばいいんじゃ?


 

 

DHTの抑制がAGAによる薄毛の改善の鍵!

 

 

 

AGAによる薄毛を改善するに当たり、DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することから始めなければなりません。

 

どのような方法が適しているのか詳しく見ていきましょう。

 

 

プロペシアを服用してフィナステリドを摂取する

 

プロペシアを服用してフィナステリドを体内に取り入れるのがDHTの効果的な抑制方法です。

 

酵素の5αリダクターゼの働きを阻害するので、テストステロンがDHTへと変化するのを未然に防いでくれます。

 

AGAのメカニズムに焦点を当てた画期的な内服薬で、98%という驚異的な数値で薄毛の回復や抜け毛の進行を止める実績があります。

 

 

AGA専門クリニックへと受診して処方してもらう

 

皮膚科を受診して医師から処方してもらう

 

個人輸入で海外のプロペシアを購入する

 

 

上記の中でも、医療機関の受診が最も安全性が高く、専門クリニックであればAGAに関する知識が豊富な医師によるアドバイスを同時に受けられるんです。

 

当サイトでは年々来院患者数が増加しているAGA専門クリニックのヘアメディカルを推奨しており、プロペシアによるAGA治療を始めるために一度受診してみてくださいね。

 

 

 

きちんとした治療が一番効果ある、ということじゃな。


 

 

無料カウンセリングはこちら⇒頭髪クリニックだからこその135万人の治療実績(16年間)【ヘアメディカル】

 

 

毎日の食事を見直す

 

 

 

毎日の食事の見直しでDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できる可能性があります。

 

ではどのような食べ物が良いのか見ていきましょう。

 

 

亜鉛が含まれた牡蠣やレバー

 

イソフラボンを含む大豆製品

 

ノコギリヤシが含まれたサプリメント

 

 

上記の食べ物を意識的に取り入れていれば、DHTが抑制されてAGAの症状の予防に繋がります。

 

中でも亜鉛は髪の毛の元となるケラチンタンパク質の合成に欠かせない栄養素なので、不足しないように注意してくださいね。

 

 

 

食生活の改善は、どんな症状に対しても基本の対処法じゃのう。


 

 

タバコをやめる

 

 

 

4,000種類以上もの化学物質を含むタバコは、肺ガンを中心とする様々な病気の引き金になることで有名です。

 

実はAGAと喫煙には大きな関係性があり、ハーバード大学公衆衛生学部の調査によるとタバコを吸う人は吸わない人と比べてDHT(ジヒドロテストステロン)が13%も多いことが分かりました。

 

他にも、喫煙には以下のようなリスクがあります。

 

 

・ニコチンの作用によって血管が収縮して栄養素が行き渡りにくくなる

 

・髪の毛に必要なビタミンCやビタミンEが消費される

 

・肝臓に負担が加わって栄養代謝能力が低下する

 

 

AGAにとって良くない存在なのは紛れもない事実なので、薄毛を進行させないためにも早めに禁煙へとチャレンジしてみましょう。

 

 

 

うむ、タバコはいかんぞ、タバコは!グビグビ…


 

 

最新のAGA治療、このクリニックから選ぼう!