AGAの検査、病院でやっているのは?

病院で実施されているAGAの検査方法をチェック!

 

 

 

 

病院ではどんなAGAの検査をしておるか、興味があるじゃろ?ワシと一緒に、チェックしてみようではないか。


 

 

抜け毛が増えて薄毛が進行したからといって、必ずしもAGA(男性型脱毛症)だとは限りません。

 

男性の薄毛の多くはAGAが深く関わっているのは事実ですが、以下のような病気が引き金となるケースも十分に考えられます。

 

 

・頭皮の皮脂分泌が活発になって毛穴に詰まって成長が阻害される脂漏性脱毛症

 

・髪の毛1本1本が細くなって全体的にボリュームが低下するびまん性脱毛症(女性に多い)

 

・円形や楕円形で頭皮に脱毛斑が生じ、眉毛などの体毛にも発症する円形脱毛症

 

・同じヘアスタイルで髪の毛が強く引っ張られることで生じる牽引(けんいん)性脱毛症

 

・自己免疫疾患の膠原病が引き金となって頭皮へと炎症が起こる膠原病性脱毛

 

 

見た目では正確に判断できないこともあるので、病院でAGAの検査を受けるのは選択肢の一つです。

 

 

 

たしかに、正確に診断してもらわんと対策のしようがないからのう。


 

 

以下では、どのようなAGAの検査が病院で行われているのかまとめてみました。

 

 

血液検査の特徴

 

 

 

ほぼ全ての医療機関で行われているのが血液検査で、AGAの治療を始める前に受ける形となります。

 

血液検査でAGAの発症の有無を正確に調べることはできませんが、以下の情報をチェックする際に必須です。

 

 

・これからプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬を使用しても問題ない身体かどうか

 

肝臓機能に障害がないかどうか(プロペシアは肝機能障害の副作用がある)

 

・全身状態を調べて他の病気が陰に隠れていないかどうか

 

男性ホルモン(テストステロン)の量を調べてAGAの可能性が高いかどうか

 

 

「健康体で治療薬の刺激に耐えられるのか?」「他の病気を患っていないのか?」といった点を主に確認していきます。

 

血液検査で綺麗なことが分かれば食生活の改善は必要ないと判断できますし、年齢を重ねれば重ねるほど他の病気のリスクが高まるので念入りに調べておかなければなりません。

 

 

一般的なクリニックでは5,000円程度の費用で受けられます。

 

気になっているなら、一度受信してみるといいでしょうね。

 

 

 

どのクリニックで受信したらいいかわからんなら、こちらの記事を読んでみるといいぞ。


 

 

遺伝子検査の特徴

 

 

 

粘膜を採取して遺伝子情報を詳しく調べていくのが遺伝子検査の特徴で、AGA専門クリニックで実施されています。

 

 

・男性ホルモンが引き金となるAGAかどうか確定診断が可能

 

フィナステリドの感受性を調べて有効な治療かどうか判断できる

 

 

遺伝子検査ではこの2つの情報をチェックでき、DNAは生まれた時から一生変化することはないので一度だけ病院で受ければ良いのです。

 

「AGAリスク遺伝子検査」や「アンドロゲンレセプター遺伝子検査」とも呼ばれており、血液検査よりもAGAかどうか正確に調べられます。

 

 

しかし、10,000円〜20,000円程度の費用が相場で、無料で受けることはできません。

 

あくまでもAGAの発症有無を調べる検査であり、薄毛の治療を心に決めている男性にとっては、あまり意味がないかもしれませんね。

 

 

 

確定診断が可能なら、意味がないとは言えんと思うが…


 

 

毛髪ミネラル検査の特徴

 

 

 

患者さんの髪の毛を採取し、ミネラルバランスを調べる方法が毛髪ミネラル検査です。

 

アメリカでは1万人以上の専門医が体内栄養素分析の指針として活用しています。

 

では、どのような情報を得られるのか見ていきましょう。

 

 

必須ミネラルの過不足と有害ミネラルの蓄積度合い

 

・欠乏や過剰となる栄養素を把握して今後の薄毛治療に役立てられる

 

細胞の変化を調べて自身の体内環境を把握できる

 

・抜け毛や疲労、ストレスやアレルギーなど身体の傾向をチェックできる

 

 

全てのAGA専門クリニックで実施されているわけではありません。

 

しかし、食生活の見直しはAGAの予防に必須なので、毛髪ミネラル検査を受けるのは選択肢の一つといえるでしょう。

 

 

 

何、貴重な髪の毛を採取するのか!喝〜っ!


 

 

自宅でも遺伝子検査キットでAGAのリスクを診断できる!

 

 

 

AGAの遺伝子検査は専門クリニックだけではなく、専用のキットを使って自宅でも気軽に受けられるようになりました。

 

病院での検査と同じようにAGAになりやすい体質かどうか、フィナステリドが効くかどうかを調べられ、AGAドックと呼ばれるキットが通販で販売されています。

 

病院とは異なり、自宅で遺伝子検査キットを使うメリットについて見ていきましょう。

 

 

・採取綿棒で頬の内側を強く擦りつけて指定の宛先へと送るだけで良い

 

・病院へと受診しなくても自宅で誰にも知られずにAGAのリスクを確認できる

 

・AGAアドバイスブックが送られてくるので効果的な対策に関する基礎知識が身に付く

 

・12,960円なので医療機関で遺伝子検査を受けるよりも多少安い

 

・遺伝子解析に伴う全てのサービスを行うジェネシスヘルスケアが検査を行うので信憑性が高い

 

 

このように、自宅で調べる方法もあるということは知っておいていいでしょうね。

 

ただ、クリニックで検査を受けるのと比べてそこまで安くはないし、医師があなたの面前でアドバイスをしたほうが、わかりやすいという面もあることも留意しておいて下さい。

 

 

 

う〜む、結局AGAの治療は専門クリニックで行うのだから、最初からクリニックで検査してもらうのが早いかもしれんのう。


 

 

AGAクリニック、どんな病院がいいか教えます。