AGA治療によるリスクや副作用は?

AGAの治療を受ける上でのリスクやデメリットをチェック!

 

 

 

 

やっぱり治療のリスクや副作用を知った上で、AGAの治療を始めて欲しいのう。


 

 

若くして抜け毛や薄毛の症状で悩まされている方は、「少しでも早くフサフサの状態に戻したい」と考えることでしょう。

 

AGAは放置していると確実に進行する病気なので治療は必須ですが、医薬品を使う場合はリスクやデメリットがあるので注意しなければなりません。

 

治療のリスクをしっかり把握した上で治療を始めたほうが、結局は安心できますからね。

 

以下では、AGA治療を受けるに当たって考えられるリスクやデメリットをまとめてみました。

 

 

副作用が引き起こされる

 

 

 

投薬療法で抜け毛や薄毛を改善していく場合、どんな薬でも副作用のリスクがあります。

 

 

主作用:病気を治したり症状が軽減したりする本来の目的の作用

 

副作用:本来の目的以外の望ましくない働きや症状

 

 

AGAの治療薬にも、頭痛薬や風邪薬を中心とする市販薬などと同様、主作用と副作用の2つがあります。

 

医薬品の種類によって副作用の症状にも違いがあるので、ちょっと詳しく見ていきましょう。

 

 

プロペシア:男性機能の低下や性欲減退

 

ミノキシジル:頭皮の痒みや目の周りのむくみ

 

ミノキシジルタブレット:多毛症や低血圧

 

 

プロペシアもミノキシジルも、もともとはAGAの治療を目的に開発された医薬品ではなく、適切に服用しなければ不快な症状が引き起こされやすくなります。

 

「効果が高くて良く効く薬=それだけ身体に与える影響が大きい」と心得ておく必要はあるでしょうね。

 

 

 

いいところだけを享受するのはできんのか…陰陽論に通じるところがあるのう。


 

 

個人輸入は特にリスクが高い

 

 

 

個人輸入代行業者を利用して医薬品を購入し、AGA治療を進めていく方法は特にリスクが高いので注意が必要です。

 

 

個人輸入代行業者を使うリスク

1、医薬品ごとに正しい服用方法を自分で調べなければならない

 

2、気付かずに間違った飲み方を続けている可能性もある

 

3、副作用の危険性が更に高まる

 

 

このようなデメリットがあるので、個人輸入で海外のAGA治療薬を入手するのではなく専門の医療機関を受診して医師の指示に従って処置を施していきましょう。

 

専門クリニックであれば医師の診断に基づいた正しい治療を受けられるので、当サイトで推奨しているAGAスキンクリニックがおすすめです。

 

正しい飲み方に関する説明を受けてれば副作用のリスクを抑えられるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてくださいね。

 

 

 

医薬品の扱いは、専門家に任せるのが一番ということじゃな。


 

 

公式サイト⇒AGAスキンクリニック無料カウンセリング

 

 

高額な費用を負担しなければならない

 

 

 

額な費用を負担しなければならないのはAGAの治療を受ける上でのデメリットの一つです。

 

薬剤の処方だけでも専門クリニックでは1ヵ月当たり15,000円〜30,000円が発生し、治療期間が長引けば金銭的な負担は大きくなります。

 

また、投薬治療に加えて以下のような方法を選択すると、更に高額の費用を負担することになります。

 

 

・育毛成分や髪の毛に良い成分を頭皮へと直接注入する育毛メソセラピー

 

・数種類の成長因子を配合したカクテルを頭皮へと届けるHARG療法

 

・毛母細胞が死んだ場所にAGAの影響を受けない後頭部の髪の毛を移植する自毛植毛

 

 

頭皮への注射は1回では効果が得られないケースも多く、複数回に渡って医療機関で施術を受ければ50万円を超えることもあります。

 

自毛植毛に関しては移植する本数が多ければ100万円を超えるので、どんなAGA治療でもある程度の金銭的な負担は必要と考えておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

背に腹は代えられんのう…ぐむむ。


 

 

後遺症のリスクがある

 

 

 

選択するAGAの治療の種類によっては後遺症のリスクがあります。

 

近年になって注目を集めているのがプロペシアの服用による副作用で、飲むのをやめても症状がおさまらないポストフィナステリド症候群と呼ばれる後遺症です。

 

 

1、プロペシアの服用による副作用のリスクは考えておく必要がある

 

2、数%という低い確率で男性機能の低下や性欲減退を起こす

 

3、服用を中止すれば自然とおさまっていく

 

 

普通はこのように考えられますが、服用を中止したのにも関わらず引き続き不快な症状が続く状態がポストフィナステリド症候群となります。

 

まだ完全にメカニズムは解明されていないものの、精子の数が減ったりDNAにダメージが生じたりといったリスクが続く可能性があるので服用には注意が必要なんでです。

 

 

また、自分の髪の毛を移植する自毛植毛でも後遺症のリスクは少なからずあり、「まぶたの腫れ」「頭皮の炎症」「後頭部のつっぱり感」といった症状が確認されています。

 

術後のアフターケアが間違っていると自然と解消されないこともあるので、自宅での処置の方法を専門医に伺っておいてくださいね。

 

 

 

結局、専門医のしっかりした監修のもとで治療するのが、デメリットや副作用を減らせるということじゃ。


 

副作用のリスクを軽減するためにも、しっかりしたクリニックの診察を受けよう!