AGAの原因はストレス?

AGAの原因にストレスは関わっているの?

 

 

 

 

ストレス?こんなもん、言うまでもなくAGAの原因に関わっとるじゃろ!イライライラ…


 

 

AGA(男性型脱毛症)の原因は悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)なので、ストレスは直接的に関わっていません。

 

しかし、ストレスの加わる日常生活を送って上手く発散できていないと、抜け毛や薄毛の症状が進行しやすくなります。

 

 

・気温や湿度の変化による物理的ストレス

 

・騒音や照明による環境的ストレス

 

・人間関係のもつれや仕事による精神的ストレス

 

・ハウスダストやウイルスによる生物的ストレス

 

・空気汚染を中心とする化学的ストレス

 

・家族との死別や離婚などの心理的ストレス

 

 

既にAGAを発症している男性がこれらのストレスを溜め込むと症状が悪化しやすいのです。

 

その理由について詳しく見ていきましょう。

 

 

自律神経のバランスが崩れる

 

 

 

ストレスが髪の毛や頭皮に良くないと言われているのは、自律神経のバランスが崩れやすいからです。

 

 

・活動的な時に優位となる交感神経

 

・休息時に優位となる副交感神経

 

 

私たちの自律神経はこの2つが上手くバランスを取り合い、自分の意思ではコントロールが不可能な内臓や血管などの体内環境を整えています。

 

ストレスを抱えている状態では交感神経ばかりが優位となり、血管が収縮して血液の流れが次第に悪くなっていくのです。

 

 

 

1、ストレスによる影響で血流が悪くなる

 

2、血行不良による影響は頭皮も例外ではない

 

3、髪の毛の成長に必要な栄養素が行き渡らない

 

4、毛母細胞が栄養不足に陥って成長が阻害される

 

5、細く弱い髪の毛ばかりになって抜け毛や薄毛が進行する

 

 

原因とまでは言い切れないものの、進行スピードが速くなるのは事実なので、十分に注意しなければなりません。

 

 

 

よし、たまったストレスをアルコールで発散じゃ!…これはこれで体に悪い気がするがのう。


 

 

内臓の不調が生じる

 

 

 

環境の変化や人間関係のもつれによって分泌されるのがストレスホルモンです。

 

ストレスホルモンが分泌されると胃の働きが抑えられたり大腸の活動が活性化したりと、内臓に様々な不調が生じます。

 

胃腸の機能が低下すれば食べ物の消化がスムーズに行われにくくなりますし、肝機能が低下すると髪の毛の材料となるタンパク質が上手く作り出せなくなって弱々しい状態へと変化していくのです。

 

身体的な病気だけではなく、ストレスが引き金となって内臓の不調に陥るケースは少なくありません。

 

 

また、季節によって各臓器の弱りやすさには以下のように違いがあります。

 

季節による違い

春:肝臓の弱い人は春に体調不良で悩まされやすい

 

夏:心臓が弱って汗をかきやすくなって赤ら顔になる

 

秋:乾燥しやすい季節なので呼吸器系が弱くなる

 

冬:エネルギー源の腎臓は身体が冷えると弱りやすい

 

心臓はAGAとはあまり関係性がありません。

 

しかし、タンパク質を作り出す肝臓や血液を浄化する腎臓は少なからず関係しているので、機能低下を起こさないように不規則な生活習慣を見直しましょう。

 

 

 

うるさい、ワシは肉を食うのに忙しいんじゃ!うむ、肉はうまいっ!


 

 

頭皮の皮脂が過剰分泌される

 

 

 

精神的なストレスは正常とは掛け離れた状態に身体を変える働きがあり、頭皮の皮脂が過剰分泌される特徴があります。

 

頭皮の皮脂には水分を保って保湿したりホコリや外敵から守ったりする作用を持っています。

 

AGAの原因と言われているのは、根拠のない俗説なんですね。

 

 

それでも、皮脂が増えすぎると頭皮環境が悪化しやすく、毛穴の中に詰まって成長が抑制されるのは事実です。

 

ですから、既にAGAを引き起こしている男性は症状が進行しやすくなってしまうんです。

 

 

心配性で考え込みすぎていて知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいる

 

脂っこい肉類甘いお菓子ばかりを毎日の食生活で食べている

 

・お風呂での洗髪が雑でシャンプーで汚れを落とせていない

 

 

上記に該当する人は頭皮の皮脂が増えすぎる傾向があり、抜け毛の元になると心得ておきましょう。

 

 

 

全く、アレコレと口うるさいのう…おまえは小姑か。


 

 

睡眠障害が引き起こされる

 

 

 

精神的なストレスが溜まると些細なことや嫌なことを寝る前に思い出し、不眠症を中心とする睡眠障害が引き起こされやすい特徴があります。

 

心理的な緊張から眠れなくなるのは一過性の不眠ですが、「眠らなければ・・・」と意識すればするほど症状が悪化しやすく、精神生理性不眠は現代人にとって深刻な問題です。

 

睡眠障害で眠れなくなると髪の毛の成長に必要な成長ホルモンの分泌量が少なくなり、抜け毛の本数は増えやすくなります。

 

成長ホルモンの分泌は夜の22時〜深夜2時のゴールデンタイムに増えやすい特徴があるので、できる限りこの時間に眠る生活を心掛けてくださいね。

 

 

 

うむむ、眠るのにも一苦労する時代になったのう…


 

 

ストレスでAGAによる薄毛が悪化しても治療可能!

 

 

 

ストレスが引き金となってAGAによる薄毛の症状が悪化しても、専門の医療機関へと足を運べば治療可能です。

 

近年ではAGAを治療できるクリニックの数が増え始め、プロペシアなどの医薬品を処方してもらったり頭皮へと薬剤を注射する育毛メソセラピーを受けたりと選択肢が増えました。

 

もちろん、あまりにも思い悩んでいるとストレスが更に蓄積され、髪の毛の成長が阻害されるので注意が必要です。

 

 

・女性にモテないのは髪の毛が薄いせいなのではないか?

 

・日に日におでこのラインが広くなっている気がする

 

・AGAを治さなければ結婚できない・・・

 

 

このように考え込みすぎていると、余計に症状が悪化しやすくなります。

 

ずっと悩み続けるぐらいなら、専門クリニックを受診してスッキリしたほうがずっと建設的だと思います。

 

今まで数多くの方が専門クリニックで治療していますので、試しにカウンセリングを受けてみるのもいいでしょうね。

 

 

 

ワシもさんざん悪態をついたが、ここは素直に専門クリニックを受診するかのう。こちらに記載しているクリニックから選べば、間違いないようじゃ。


 

 

AGA治療、実績充分のクリニックはどこ?