AGAの予防から始めよう。

AGAを予防するに当たって必要なことをチェック!

 

 

 

 

…待て待て、AGAは遺伝の要素が大きいんじゃろ?予防なんてできるのか?


 

 

このページでは、AGAを予防してこれ以上薄毛が進行しないように何をすれば良いのかまとめてみました。

 

男性であれば誰でもAGAを発症する可能性はありますが、正しい対策を練れば症状の進行を未然に防ぐことができます。

 

病院を受診したり生活習慣を見直したり直ぐにできることはたくさんあるので、AGAの予防に必要なことをチェックしておきましょう。

 

 

医薬品を使用する

 

 

 

医薬品の使用はAGAの治療だけではなく、症状の進行を遅らせる予防としても活用できます。

 

 

・髪の毛にボリュームがなくなってきた
・頭のてっぺんが薄くなってきた
・枕元に落ちる抜け毛の本数が増えた

 

 

今は見た目的にそこまで薄くなくても、このような前兆が見られると近い将来に薄毛が進行するかもしれません。

 

若者の若年性脱毛症は10代や20代でも発症しやすく、遺伝要因や環境要因が積み重なってヘアサイクルが乱れていきます。

 

「40代や50代になって治療できないほど手遅れになった」という状態を防ぐためにも、医薬品を使用した予防ケアは必須といえるでしょう。

 

 

・98%の患者さんに薄毛の進行遅延が見られたプロペシア(フィナステリド)

 

・細い髪の毛や産毛を強化することが目的のミノキシジル入りの育毛剤

 

・複数の有効成分の配合で新たな髪の毛を生み出す作用を持った発毛促進剤

 

 

これらの中でもAGAにはプロペシアが効果的で、悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌をコントロールできます。

 

AGAのスイッチが入るまで指を咥えて待つのではなく、直接的な原因となるDHTが作られないような対策が必要です。

 

内服薬で身体の内側から対処するとともに、育毛剤や発毛促進剤で外側から髪の毛を太く育てる処置をしていれば更に効果は高くなります。

 

 

ミノキシジルは薬局で販売されていますが、プロペシアは原則的に医師の処方箋が必要なんですね。

 

ですから、プロペシアを処方してもらうなら、AGAの専門クリニックで相談してみてください。

 

 

 

なるほど、先手を打ってAGAの治療薬を予防として利用するのか。それなら、話がわかるわい。


 

 

日々のヘアケアを念入りに行う

 

 

 

日々のヘアケアを念入りに行う予防でAGAの症状の進行をストップさせられます。

 

 

・間違った洗髪を続けていて皮脂などの汚れが毛穴に詰まっている

 

・石油系の界面活性剤を含むシャンプーで頭皮や髪の毛に刺激が加わっている

 

・頭皮の保湿不足で潤いが失われていてカサカサと乾燥している

 

・ワックスやスプレーなどの整髪料を1日の終わりにきちんと落としていない

 

 

上記のような間違ったヘアケアを長期間に渡って続けていると、少しずつボディーブローのようにダメージが加わって健康な毛髪が生えにくくなるのです。

 

既にAGAを発症している男性は抜け毛や薄毛が加速しやすく、過剰に分泌された皮脂を対策しなければ頭皮の脂汚れが引き金となる脂漏性脱毛症の原因にもなります。

 

そこで、AGAの症状の進行を予防するには正しい洗髪方法を心得ておかなければなりません。

 

 

・頭皮への刺激が抑えられたアミノ酸系のシャンプー剤を使う

 

・シャンプーを泡立ててから髪の毛につけて優しく指の腹で洗う

 

・洗浄成分が頭皮に残らないようにシャワーで綺麗に濯ぐ

 

 

たったこれだけでも頭皮環境の正常化に繋がるので、間違った洗い方をしていないかどうか確認してみましょう。

 

 

 

どうじゃ、ワシの髪の洗い方は!こんな感じでいいのかのう?


 

 

不規則な生活習慣を見直す

 

 

 

不摂生が続いていると髪の毛の成長が阻害されやすいので、不規則な生活習慣を見直すのはAGAの予防や対策に必須です。

 

「プロペシアを飲んだり育毛剤を塗布したりするだけで良い」と考えている男性は多いかもしれません。

 

確かに、医薬品の服用で得られる効果は高いものの、今残っている髪の毛を強くして抜け毛の量を減らす処置も大事なので、以下の点を押さえておきましょう。

 

 

・自律神経のバランスを整えるために毎日十分な睡眠時間を確保する

 

・男性ホルモンの働きを抑える大豆製品やビタミンを含む野菜をバランス良く食べる

 

・血行不良やビタミンを消費するタバコをやめる(禁煙にチャレンジする)

 

・新陳代謝を上げて体温を上昇させるためにウォーキングなどの有酸素運動を毎日行う

 

 

規則正しい食生活や運動を毎日心掛けるのは髪の毛にとって良いだけではなく、様々な病気を未然に防ぐためにも重要です。

 

症状が進行して、かなり薄くなってから何かしらの対策を打つのは、回復までにかなり時間がかかることになります。

 

進行する前から未然に予防して、強くて太い髪の毛を維持できるように努力してみてくださいね。

 

 

 

自分がAGAを発症しやすいかは、専門クリニックで検査すればわかるぞ。こちらのAGA専門クリニックから、気に入ったところを選びたまえ。